電話を受けている男性

行っておきたい事

誰もいない教室

たくさんの種類の保険が登場している今ですが保険は業者によって値段が変わったりやその他の理由で値段が変わってくるのです。そのためこの様な時にしたいのが保険の見直しです。

Read more

保険の存在

ビジネスマン風の男性

生命保険や損害保険は、保険外交員から加入するのが主流でしたが、今はネットの普及でインターネットを通して加入や相談ができるようになっています。いろいろ試して自分にあった方法で申込みましょう。

Read more

自分に適している

パソコンのキーボード

現在の保険はとても種類が豊富であり、自分に一番適しているプランに加入するという事も可能となっています。そしてもう一度検討しなおして、自分に適しているプランに変更するという事も可能です。

Read more

無料の相談

女性の笑顔

現在保険相談を無料で行ってくれる窓口が沢山存在しています。特定の会社だけを贔屓しない平等な目線で相談に答えてくれますのでとても便利です。こうした形で専門家の力を借りる事はとても良い事であります。

Read more

変化する保険内容

沢山の本

生命保険や自動車保険に加入している方は多いですが、保険サービスは常に変化を続けています。変化を続ける保険内容で損をしないためには、定期的に保険見直しを行うことが重要です。

Read more

労働に関する助言を

オフィス的な場所

一年以内で取得できる学校もあります。社会保険労務士の講座を受けるなら本当に納得できる学校を選びましょう。

もしものときにこそ保障が必要なので、加入できるサービスを確かめてください。持病でも入れる保険があるのでしっかり調べてみましょう。

現在日本の雇用形態は実に多様化してきています。正社員やパート・アルバイト、契約社員や派遣社員、日雇い労働と様々です。企業の方でも雇用するすべての労働者について、就業規則の作成・労働保険の加入など労働環境を整備する義務があります。しかし中小企業の経営者でそのような労働関係の諸法令に精通した人は決して多くはありません。そのために労働・保険諸法令のスペシャリストである社会保険労務士が必要とされるのです。 また、社会保険労務士は企業へ社会保険・労務関係のアドバイスをするといったイメージがありますが、最近では少子高齢化や年金制度への不安から、個人の年金についての社会保険労務士に相談するということも増えてきています。

社会保険労務士になるには試験に合格する必要がありますが、合格率は毎年10%弱と難関試験の部類に入ります。試験全8科目(うち2科目は選択なので実質は7科目)でそれぞれ択一式と選択式があります。おおむね総得点の6割〜7割で合格とされますが、1科目でも合格基準点に達していないと、不合格となるため、バランスよく得点する必要があります。 そのため勉強も相当難しいものになります。独学でも不可能ではありませんが、やはり専門学校などで講座を受ける人が圧倒的に多いです。講座を受けていると、解答テクニックなどが身につくなど、独学では得られないメリットがあります。 今では多くのビジネス系専門学校が社会保険労務士講座を開設しています。仕事をしながらでも受講できる講座も多くありますので、ライフスタイルに合った講座を選択するべきです。 また試験に合格しても、社会保険・労働諸法令は頻繁に改正が行われます。合格後も常にこれらの情報にアンテナを張っておくことが、社会保険労務士に求められる事と言えます。

オススメリンク