保険の存在

ビジネスマン風の男性

保険には政府や地方行政が管理している健康保険と、民間企業が販売している生命保険や損害保険があります。行政の健康保険は国民皆保険と言われていて必ず加入する必要性がありますが、民間企業が販売している生命保険や損害保険は任意で加入するものです。任意であれば加入しなくても大丈夫だと思われている人もいますが、生命保険や損害保険に加入していないと万が一の事が起きた時に困るのが、残された遺族達なのです。特に一家の大黒柱が突然死を迎えると、この先の収入が途絶えてしまい妻と子供が路頭に迷うこともあるからです。そんな不測の事態に備えるのが保険なのです。

生命保険は沢山の保険会社が販売しているため、商品内容も会社によって違いがあります。保険を選ぶ時のポイントは、世帯収入や家族構成にあわせて選ぶのが基本となっています。保険外交員の中には強引にすすめてくる人もいるので、きちんと将来の年金収入や社会保障も考慮して提案してくれる営業担当の方を選びましょう。最近はネットでもシュミレーションや見積もりをしてくれたり、相談窓口を設けている会社もあるので、そこで相談してみる方法もあります。
生命保険は人に対する保険ですが、次に物に対する損害保険も大切です。特に自動車事故で人を殺めてしまったり、公共物破壊してしまうと多額な損害賠償金の請求を求められたりします。こんな時、自動車保険に加入していないと全て自己負担となってしまい大変な事になります。しかし、保険に加入していれば保険で支払うことが可能なのです。自動車保険に加入する場合は、補償範囲と補償金額は確認して商品は選ぶようにします。