無料の相談

女性の笑顔

最近どこでも見かける保険の無料相談窓口。保険という商品のわかりにくさ、保険代理店の営業に対する不信などからこのような独立系の保険相談窓口が増加しています。 独立系の保険相談窓口のメリットは何と言っても「特定の保険会社をひいきにしない」事でしょう。保険代理店や保険販売会社の相談員は「その会社の保険商品しか勧めることができない」ので、ノルマを気にして依頼者の意向を無視した自社保険を勧めることも多いのです(最近ではこのような営業活動はあっという間にネットで広がりますから減っていますが)。それに対して独立系の販売員はそのようなノルマは関係ありませんから、本当に依頼者の意向に沿った保険商品を勧めることが出来ます。 このことを踏まえて、保険相談窓口を選ぶと良いでしょう。

独立系の保険相談窓口は、ほとんどが「相談無料」と謳っています。最近では依頼者が窓口に出向くだけでなく、時間が合えば相談員が自宅まで来てくれるというサービスをしている窓口もあります。もちろんこれも無料です。ただし2回目以降は有料という所もあります。 そのため無料だからと言って保険のすべてを相談員に任せてしまうのは考え物です。自分たちの事なのですから、必要な保障は何か、貯蓄性がいいのか掛け捨てがいいのか、保険料の相場くらいは自分たちで知ったうえで相談に行くべきです。そうすれば相談回数も減らせますし、理論武装も可能です。 基本的に自分たちの事は自分たちで。その上でどうしても分からなくなったら、外部の専門家の力を借りる。このような意識が様々な費用の節約につながります。