行っておきたい事

誰もいない教室

保険といっても自動車保険、生命保険、医療保険、損害保険などさまざまな保険があります。そもそも保険は、何かあった時の場合に保険金から支払いができる便利なものですが、その何かあった時のために支払えるだけの金融資産があれば加入する必要がないのです。ですが、営業担当の人に勧められたからやみんな入っている保険だから自分も同じの加入しているから安心だといって、どこか必ず保険に加入しなければならないものという先入観があります。まずは、保険に加入する前に考えなければならないことは、いつ使うのか、いくら使うのか、その使い道は何なのかを入る前に、加入してから保険見直しする際も本当に必要な保険なのかを考えることです。

保険見直しは自分でできるならいいのですが、あまり知識がないうちはファイナンシャルプランナーにみてもらったほうがいいです。保険見直しで最初にすることは、国の保障と勤めている企業の保障を確認することです。そうすると、加入していた民間保険の保障が企業の制度でもあった場合は、保障が重なっていることになります。保険見直しすることで無駄を見つけることができるのです。よく間違ってしまうのが、保険ですべて人生が解決できると勘違いすることです。こどもの学費や万が一の入院のための費用、老後の生活、これらはすべて保険で準備できますが、保険がすべて正しいとは限らないのです。国の保障や企業の保障、貯蓄や運用、ローンなどバランスよく活用することが重要なのです。